本当に転職すべきか?人材不足と言われる転職市場の裏側

人材不足でも、転職は決して簡単ではない

ここ数年有効求人倍率は1を超えており、ニュースなどでも『採用難』『人材不足』といった言葉がよく聞かれます。1人あたりの求職者に対して求人が1社以上あるわけですから、簡単に仕事が見つかるだろうと楽観的に転職を考える方も多いようですが、そうではありません。

私はバブル期に就職活動をしたのですが、当時は採用の間口が広く、簡単に内定を出す企業が少なくありませんでした。現在は多くの企業が若手不足と言われ、しかもバブル期よりもはるかに採用ニーズがあるにも関わらず、企業の採用間口は狭い状態。売り手市場と言われていますが、実は一部の優秀な学生に内定が集まり、一方で『お祈りメール』をもらう学生が多いのです。

『35歳転職限界説』は、ある意味で今も正しい

転職市場においても同様で、媒体には多くの求人が並び、数多くのエージェントがたくさんの企業を紹介しているにも関わらず、転職先は簡単には見つかりません。もちろん、30歳くらいまでで、職種を問わなければ話は別。その年齢なら、未経験でも育成すれば育つからです。しかし、35歳を過ぎたあたりから、経験者でも転職が難しくなってきます。そして、40代~50代ともなると、よっぽどしっかりとしたスキルやキャリアを持っていないと、いい転職先はなかなか見つかりません。

40代~50代というと、子供の学費や介護費用など、支出も大きく膨らむ時期。なのに転職によって収入が下がってしまったら生活が立ち行かなくなります。実は私自身、10回ほどの転職を経験しているのですが、最後の数回ではやはり収入が落ち、なかなか転職先が見つからない時期もありました。

人生100年時代だからこそ、年を重ねても転職できる“転職力”を

それでは、40代~50代になってからも収入が減らない転職をするためにはどうすればいいのでしょうか。それは、早い段階から『自らのキャリアの道筋』や『自分が仕事を通じて実現したいこと』を描くことです。


その第一歩として、当社では特に若い求職者にはすぐに仕事を紹介せずに、時間をかけて自分の強みを見つけるカウンセリングを行っています。場合によっては「転職せずに今の会社にいた方がいい」とアドバイスすることもあります。具体的にどのようなカウンセリングを行っているのか、その結果としてどんなキャリアが描けるようになるのかは、ぜひ下記の記事からお読みください。

»ナレッジマート流・自分の強みの見つけ方

»ナレッジマート流・自分に合う会社の見つけ方